03-6276-5111
support@anoma-inc.com

プロテインのOEMとは? プロテインOEM基礎知識を解説

ANOMAプロテインを手がけるスポーツ栄養カンパニー。

プロテインのOEMとは? プロテインOEM基礎知識を解説

プロテインのOEMとは

弊社でも事業の一つとしてある「 OEM(オーイーエム)」という言葉。
皆さん、正しく意味を理解していますか?(弊社内でも、少し基準が曖昧だったり。。。)

 そんな訳で、本日はOEMについて簡単なブログを書いてみようかと思います!!

そもそもOEMとは他社ブランドの製品を製造することです。

英語で、オリジナル・エクイップメント・マニュファクチャリング(Original Equipment Manufacturing)の略語なので、直訳すると「自社の製品を製造する会社」です。例えば衣料品大手のユニクロが、中国の工場で自社製品を製造していれば、それも広義のOEMに当たります。

OEMは、その定義が若干曖昧ですが、基本的には企画・開発までは自社で行い、大量製造の製造のみ工場に行ってもらう事が多いです。今や衣服だけでなく、携帯やコンピュータなんかもOEMが世界中でフル活用されています。

ちなみに、よく比較されるODMとは、オリジナル・デザイン・マニュファクチャリング(Original Design Manufacturing)の略です。委託者のブランドで製品設計・生産を行う手法で、ODMの場合は商品企画までも受託者側に任せます。要は、サンプル作成も工場側、委託者側でできます。

弊社は、実はこの定義でいうとODM事業をやっているんですが、一般的にOEMとODMの違いはまだ日本で浸透していないため、OEMに表現を統一したりもしています。(ややこしい)

プロテインのOEM=オーダーメイドプロテイン

したがって、プロテインのOEMとは自社ブランドのプロテインという事です。例えば、ABCジムというジムがあれば、ABCジムのロゴを入れて、原材料も変更して…といった、オーダーメイドプロテインができます。これがプロテインにおけるOEMです。基本的に業界では500kg-1000kgを最小ロットとして作るのが一般的です。

 

如何だったでしょうか。プロテインのOEMやODMについて、少しでも知識がご共有できたら幸いです!

では!!!

Tags: , ,