03-6276-5111
support@anoma-inc.com

インスリンの働きと血糖値を下げる食べ物

ANOMAプロテインを手がけるスポーツ栄養カンパニー。

インスリンの働きと血糖値を下げる食べ物

インスリンとは


インスリンは、きいたことはあるけどなんだか分からないという方が多いと思います。インスリンとは、すい臓から出る体内ホルモンの一つで、唯一血糖値を下げる役割をするホルモンです。

体内でエネルギーを作る際にブドウ糖単独ではエネルギーになら無いため、すい臓から分泌されるインスリンの働きかけによって細胞の中へ取り込まれ、初めてエネルギーとして利用することができます。

つまり、血液中にあるブドウ糖を細胞に取り込むためのカギとなるのがインスリンです。

 

インスリンの働き


インスリンの働きとして、全身のほぼすべての臓器細胞にブドウ糖をとり込ませ、肝臓や筋肉でブドウ糖からグリコーゲンが合成されるのを促進し、さらに、貯蔵されているグリコーゲンが分解されるのを抑制する、といったものがあります。

エネルギーが切れてしまわないように、ブドウ糖を貯蔵したり、グリコーゲンに変えて肝臓や筋肉に蓄積したり、肝臓で蓄積されず余ったブドウ糖を中性脂肪として脂肪細胞の中へ取り込むのもインスリンの仕事になります。

インスリンは食事によって上昇した血糖に応じて、ブドウ糖を細胞の中へ取り込む働きをしています。

インスリンがブドウ糖の使い道をうまくコントロールしているので、一時的に上昇した血糖も数時間後には食前の値まで下がります。

血糖が全身の臓器に届くと、インスリンの働きによって臓器は血糖をとり込んでエネルギーとして利用したり蓄えたり、さらにタンパク質の合成細胞の増殖を促したりします。

こうして、食後に増加した血糖はインスリンによって速やかに処理され一定量に保たれます。

 

 

糖尿病との関連性


糖尿病は、すい臓から出るインスリンが減少するか、またはインスリンの働きが悪くなって、

血糖値を下げられなくなった高血糖状態が続く病気です。

糖尿病になると、

1.インスリンの量が少なくなる

2.インスリンの働きが悪くなる

3.血液中のブドウ糖を細胞の中にうまく取り込むことができなくなる

4.ブドウ糖がどんどん血液中に溜まり、血糖値が高い状態が続く

これらの状態が続くと、徐々に血管が傷ついてもろくなったり免疫能が低下するなどの症状も起こります。

そこで血糖値を下げるため、薬を使ってインスリン分泌を促進したり、効きを良くしたり、インスリンそのものを外から補充します。

ANOMAプロテインに使用しているえんどう豆も血糖値を下げる効果のあるインスリンが含まれています。

 

 

インスリンの量が不足すると


私たちが生きていくためには、常にエネルギーが必要で、眠っている間もエネルギーは必要です。

インスリンの量が不足すると、ブドウ糖が細胞の中へ取り込まれず、エネルギーとして燃えることが出来ないため、どれだけ食べてもエネルギーに変えることが出来ません。

このような時、肝臓では貯蔵しておいたグリコーゲンブドウ糖に分解し、血糖値が下がり過ぎないように維持しています。

しかし、糖尿病になるとブドウ糖をグリコーゲンに変えて、肝臓に蓄積しておくことが出来なくなります。

肝臓に貯蔵しておくことも、細胞に取り組むことも出来ないので、行き場をなくしたブドウ糖が血液中に溜まり、空腹時の血糖も高くなってしまいます。

ブドウ糖があふれた血液は、しだいに全身の血管を傷つけ、さまざまな障害をもたらします。

このように血液中にブドウ糖があふれてしまい、糖尿病に繋がってしまいます。

 

 

血糖値を下げる食べ物


タマネギ

タマネギには多くのミネラル成分があり、血糖値が高い人にはオススメの野菜です。

1日2分の1個程度食べれれば十分効果があります。

また、タマネギには血管が詰まるのを防ぐ血栓予防作用、肝機能の向上、老化抑止などの効果もあるのでオススメです。

さらに、血液ドロドロ対策にも良いとされています。

オクラ

血圧を下げる効果や腸で糖質を包み込んで吸収を抑える働きがあり、食後の血糖値の上昇を抑える効果があると言われています。

インスリンの働きを良くするマグネシウムや亜鉛などのミネラルも豊富です。

また、オクラは血糖値を下げる成分が大変豊富で、そもそもオクラ自体には血糖値を上げる糖質が少ないと言われています。

バナナ

バナナは栄養価に優れ、食物繊維やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。

中でもカリウムには血糖値を下げる作用があるので、甘いものを制限している人にとっては、バナナは程よい甘さがあり、満足できる食品です。

また、食べた後の血糖値の上昇を緩やかにして更にインスリンの分泌を良くする効果があり、食後の血糖値の上昇は少なく、食前の血糖値に戻るのも早いと言われています。

さらに、バナナには、体内の糖質を効果的に燃やし、エネルギーに変化させる効果があるビタミンB群が豊富に含まれているためオススメです。

ごぼう

ごぼうは食物繊維が豊富で有名で、インスリンの構成成分であるマグネシウム亜鉛が含まれていることでも知られています。

また、タンニンが含まれていますので、血糖値を下げる働きがあります。

さらに、ごぼうの不溶性食物繊維の働きにより腸内の水分を吸収しブドウ糖も吸収するので、急激な血糖値上昇を抑えられます。

 

 

まとめ


いかがだったでしょうか。

糖尿病は老若男女関係なくかかる可能性があるため、意識して食事を摂取しましょう。

食生活の改善が身体の改善に繋がります。小さなことから始めていきましょう。

 

 

株式会社アノマ