03-6276-5111
support@anoma-inc.com

アルギニンの4つの効果 メリットとデメリット

ANOMAプロテインを手がけるスポーツ栄養カンパニー。

アルギニンの4つの効果 メリットとデメリット

 

アルギニンとはたんぱく質に含まれるアミノ酸の一種で、アルギニンを主成分としたサプリメントが薬局やスポーツショップで販売されているほど人気の高いアミノ酸です。主に怪我療養中のアスリートや負荷の高い長時間のトレーニングをする人、成長期の人から好んで摂取されることが多いアルギニンですが、今回はその効果を細かくご紹介していきたいと思います。

 

アルギニンの効果


・疲労回復効果・成長ホルモン分泌効果

・免疫力の向上効果

・アンチエイジング効果

【疲労回復効果】

アルギニンは尿素回路の一役を担い、アンモニアの解毒を行ないます。

アンモニアはトレーニング時に発生する疲労物質の一つで、このアンモニアを解毒することで疲労を溜め難くします。

 

また、その際アルギニンから一酸化窒素と呼ばれる物質が発生し、この一酸化窒素には血管を拡張する作用があることから、この作用により血行の促進効果が生まれ、トレーニングで溜まった乳酸の消費を取り除き、疲労の回復を早めます。

 

【成長ホルモン分泌効果】

成長ホルモンとは主に筋肉や骨といった身体の成長を促すホルモンです。

アルギニンにはこの成長ホルモンを分泌する効果があり、それにより、脂肪の代謝を促進し、筋肉の増強を促します

さらに、必要量摂取することで怪我の回復スピードを早めたり、成長ホルモンは骨の成長に大きく関わることから、身長を伸ばすことも期待することができます。

 

【免疫力向上効果】

アルギニンの解毒作用に伴って発生する一酸化窒素には細菌やウイルスに対しての抵抗力を高める効果があり、風邪、感染症予防を行うことができます。

 

【アンチエイジング効果】

成長ホルモンにはコラーゲン合成を促す作用があります。また、アルギニンには保水作用、血行促進効果があり、これらの効果によって高いアンチエイジング効果が期待できます。

アンチエイジング効果は老化防止や抗老化といった意味で、今回の場合では「しわ」「肌荒れ」「しみ」「たるみ」「乾燥」等の予防効果が期待できます。

 

アルギニンの必要摂取量


 

アルギニンの一日必要摂取量は正確には決められていませんが、一日2000~4000㎎の摂取が必要であるとされています。

また、激しいスポーツをしている人や成長期の場合、怪我、負傷をしている場合は5000~7000㎎の摂取が好ましいとされいてます。

 

アルギニン含有量の多い食品

例)鶏肉、ごま、大豆、かつお節 など

 

食品かつお節大豆鶏肉ごま
100gあたりの

アルギニン量

4.3g2.7g1.5g2.7g

 

効果的な摂取タイミング


 

最もアルギニンの効果を引き出すことのできるタイミングは就寝前トレーニング前後の摂取です。

 

睡眠中は成長ホルモンの分泌が最も活発になる為、それに合わせてアルギニンの摂取することで、成長ホルモンの分泌を最大限行うことができます。

また、トレーニング前後に摂取することで運動パフォーマンスの向上や、疲労が溜まるのを防ぐことができます。

 

アルギニンの副作用


 

アルギニンは天然のアミノ酸である為、特に副作用となることはありません

しかし、過剰摂取してしまうと効果の効き目が薄くなったり、下痢を引き起こす可能性もあるので、過度な摂取は控えましょう。

 

まとめ

アルギニンの効果は、年齢、性別に関係ない、どんな人にも必要ですので、積極的に摂取するべきアミノ酸の一つでしょう。

また、スポーツをしている人には必要不可欠なアミノ酸でもあるので、食事で補えない分はサプリメントでの摂取をオススメします。

 

株式会社アノマ